「つわぶきの花のように」CD販売


コチラからCD購入できます

CDジャケット
アートディレクション&デザイン 小野 舞

ミュージシャン   宝子ポールIDA
アレンジャー    眞中ヤス
プロデューサー  眞中ヤス

問合先 : 社会福祉法人つわぶき会
        住 所 : 和歌山市西庄1107−1
        電 話 : 073−452−0294
        メール : htuwa294@tuwabuki.jp
        担 当 : 川端・岩橋

販売価格 : 1,000円(税込)
     ※ CD販売による収益については障害者の方の
      給料や活動資金になります。

コチラからCD購入できます



つわぶきの花のようにアニメバージョン
登場するキャラクターは、利用者の方が描いたペンギンさん達他、つわくん・ふきちゃんです


        □■ ひとりじゃないよ  みんなで作った歌「つわぶきの花のように」 ■□

 「もっと施設での生活を楽しくしよう!」「自分たちで出来ることから始めれば、きっと何かが変わり始める!」
 そんな思いから、応援ソングを作ることになり、みんなで出し合った言葉を宝子が紡いで詩を作り、
 作曲したのが1年前のことでした。

 施設の音楽クラブや発表会で歌い継がれるうちに、「自分たちの大好きなこの歌を、
 もっとみんなにも知ってもらいたい!」という思いが強くなり、なんとかしてCDを
 制作することができないものかと考えるようになりました。

 そんな『つわぶきへの愛』に溢れるみんなの熱い想いが多くの人達を動かすこととなりました。

 和歌山では「ポールIDA」がニューバージョンを作曲し、小学生がコーラスに参加しました。
 横浜では「ハミングキッチンの眞中ヤス」がアレンジとプロデュースを担当し、共感した彼の音楽仲間達が
 演奏してくれたおかげで、すばらしいメロディーができました。

 そのメロディーが宝子とポールIDAの声に見事にマッチし、この度の「つわぶきの花のように」が
 完成したのです。
 
 この歌(はな)は誰かがいなければ咲かなかった、仲間がいたから咲いた歌(はな)なのです。


CDジャケット